お知らせ 友だち追加

きずな整体整骨院トップページ > ブログ&お役立ち情報

ブログ&お役立ち情報

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の感染拡大に伴い

2021.01.09

感染拡大が再び懸念され、引き続き新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」の実践が求められております。当治療院では少しでも患者皆様が安心してご利用いただける施設の提供を目指し、感染防止対策徹底のもと営業を継続して参ります。

・ソーシャルディスタンスの確保
・周囲の人との社会的距離を保つよう表示と周知。
・密集回避(混雑緩和)を目的とした予約枠の一部制限。
・密集回避(混雑緩和)を目的とした分散来店に関する情報提供。

・患者さま・従業員の保健衛生対策の徹底
・患者さま及び従業員のマスク着用、手指消毒の徹底。
・患者さま及び従業員の検温実施。
・次亜塩素酸水での院内消毒と希望者への無料配布。
・従業員の健康チェック。
・従業員の施術毎の手指消毒の徹底。

・共用物の衛生管理
・施術毎に施術ベッドを毎回消毒。
・施術毎に使い捨てフェイスペーパーを使用。
・ドアノブ、イス、テーブル等の設備の消毒。
・トイレの清掃、ペーパータオル等の使用。

・換気の徹底
・密閉回避を目的とした施設扉の常時開放。
・施設内すべての排煙換気設備の常時運転。

・会計時の非接触
・キャッシュレス決済推進による接触リスク低減。
・会計時のコイントレイの使用。

・感染の発生に備えた情報収集
・利用者の氏名及び連絡先の把握。

・感染が発生した際の利用者への情報提供
・施設利用者に対する感染発生状況等の迅速な情報提供。

これからも皆さまに安心してご利用いただける院内環境作りに努めて参ります。

住所〒653-0812
兵庫県神戸市長田区長田町1-3-1-123 サンドール長田南館1F

診療時間 月・火・水・金・日9:00〜12:00,14:00〜19:00、土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)木曜定休日

きずなエキテンはこちら⇒

きずなフェィスブックはこちら⇒

きずなLINE@はこちら⇒

きずな事故サイトはこちら⇒

ストレートネックについて

2021.01.04

皆さんこんにちは神戸長田のきずな整体整骨院です。
今日は季節の変わり目や寒い時期増える首の痛み・・・
特に、ストレートネックについてのお話です。

本来首の骨は軽度前湾の形をとっているのですが、
そのカーブがなくなり、真っ直ぐに(ストレート)に変形してしまった
事をストレートネックといいます。

首だけを見るとストレートですが、実際の患者さんの身体を見ると、
一番目を引くのは丸くなった背中です。首が真っすぐになり斜め下ばかり
見ていると当然、背中は丸くなります。
そして、その下の腰まで丸くなっている人がほとんどです。
症状としては、頭痛やめまい、手や腕のしびれ、
自律神経失調症などをともなうことが多いとわれています。
本来、腰は軽度前湾、背中は軽度後弯、首は経度前湾の「S」の形が理想とされています。
肩・首・腰の姿勢を普段から気をつけるだけでかなりの予防と改善に繋がりますので、
あきらめず、あきずにやって頂きたいです。

簡単なストレッチとしては、仰向けに寝てテニスボール大のボールを
腰と首に置き顎を引くだけです。

簡単に良い姿勢が手に入ります!是非試してみて下さい!

当院では原因を追究し、その症状や患者様に合った施術を選択していき、

改善へと導いていきます。

当院へのアクセスはこちらをご参照ください。

住所〒653-0812
兵庫県神戸市長田区長田町1-3-1-123 サンドール長田南館1F

診療時間 月・火・水・金・日9:00〜12:00,14:00〜19:00、土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)木曜定休日

MAP

きずなエキテンはこちら⇒

きずなフェィスブックはこちら⇒

きずなLINE@はこちら⇒

きずな事故サイトはこちら⇒



				

こむら返りのお話

2020.12.26

今日はこの冷える時期特に多いこむら返りの対策と予防法についてお話したいと思います!

ふくらはぎが激痛とともに痙攣する 「こむらがえり」。。。

一度は経験したことがある方も多いのではないでしょうか!!?

こむら返りは、ふくらはぎの筋肉が過剰に収縮しておこる発作です!!

特に寝ている間は、筋肉のゆるみすぎを防ぐ役割の「腱紡錘(けんぼうすい)」が働かず、こむら返りになりやすいとのことです。

特に寒い時期は体が冷えると血行不良になり起こりやすくなります。

また、こむら返りは筋肉のコントロールに関わる、マグネシウムと水分が不足しているとより危険度があがります・・・

水分不足の予防対策として夜寝る前に 「コップ一杯の水」 を飲むことです。

人は、睡眠中の発汗で500CCほどの水分を消費するため、

あらかじめコップ1杯水を飲むことで水分不足にならないようにしましょう!!

マグネシウムを補うためには、わかめ・納豆・牛乳・スルメなどの食べ物でしっかり摂りましょう。

また、足を冷やさないように就寝時に靴下等をはいて布団に入ることも予防につながるとのことです。

さらに筋肉をほぐすストレッチも有効です。

オススメは30センチ程の高さの台に片足を乗せる 「波止場のポーズ」 です。

台に乗せた片足にグッと体重をかけて息をはきながら 7秒 静止させます。

これを左右交互15回づつ繰り返すと太ももの裏の筋肉を鍛えられ足の血行がよくなります。

きずな整体整骨院では、ストレッチを中心とした施術と合わせてフットマッサージさらに足の血行を良くします。

こむら返りにお悩みの方は是非一度お試しください。

当院では原因を追究し、その症状や患者様に合った施術を選択していき、改善へと導いていきます。

当院へのアクセスはこちらをご参照ください。

住所〒653-0812
兵庫県神戸市長田区長田町1-3-1-123 サンドール長田南館1F

診療時間 月・火・水・金・日9:00〜12:00,14:00〜19:00、土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)木曜定休日

MAP

きずなエキテンはこちら⇒

きずなフェィスブックはこちら⇒

きずなLINE@はこちら⇒

きずな事故サイトはこちら⇒

~高血圧について~

2020.12.19

血圧とは

こんにちは、今日は血圧についてです。

心臓から送り出された血液が血管の壁を押す力を血圧と言います。

高血圧とは、その壁を押す力が一定以上に高い状態の事をいいます。

血圧にも「上」と「下」といわれる物がありますが、その違いは、収縮期血圧と拡張期血圧とに分けられます。

収縮期血圧(「上の血圧」といわれる)とは、心臓が収縮して血液を送り出されている時の最も高い血圧をいいます。

また、拡張期血圧(「下の血圧」といわれる)とは、心臓に血液が戻ってきている時の最も低い血圧をいいます。

正常の範囲としてはっきりとした境界はありませんが、若い人では120/80mmHg(収縮期血圧/拡張期血圧)くらいです。

高血圧と言われる値は140/90mmHg以上の場合を高血圧としています。どちらか一方が上回っていても高血圧です。

高血圧

よく高血圧が怖いと言われますが、長年の調査などによって、血圧が高い人ほど心臓血管系の病気になりやすく、

しかも死亡率が高く、こうした傾向が140/90以上になると急に高まる事がはっきりしました。

この140/90を高血圧にしているのです。

厚生省の調査では約3.400万人が該当するので、人口の約4人に1人が高血圧といえます。

たかが高血圧と考えがちですが、放置すると心臓や血管、さらに他の臓器にも障害をきたし、

脳卒中・心筋梗塞・腎不全・心肥大などが起こりやすくなります。

高血圧による自覚症状はふつうはありません。症状がないからと放置していると大変なことになります。

高血圧は「サイレントキラー」、つまり沈黙の殺し屋と言われているのも、この点にあります。

原因はいろいろありますが、原因が明らかになっている場合を「二次性高血圧」と呼びます。

これは高血圧全体の10%未満にすぎず、原因が特定できない「本態性高血圧」がほとんどを占めています。

二次性の中には、腎臓への動脈が狭くなって起こる腎血管性高血圧や、ホルモンの過剰によっても起こるものなどがあり、

これらは原因を取り除く事で治療できます。

しかし、大部分は本態性高血圧で、多くの場合は一生付き合ってもらう事になります。

遺伝的なものと環境的なものが複雑に絡み合って発症し、高血圧が続きます。

環境的な因子として大切なのは、食塩・アルコール・肥満・運動不足などです。

遺伝的に高血圧になりやすい人でも、これらの原因となるものを取り除くように肥満の改善や適度な運動などを行う事が出来れば、発症を遅らせたり、上がった血圧を下げる事が出来るのです。

当院では原因を追究し、その症状や患者様に合った施術を選択していき、改善へと導いていきます。

当院へのアクセスはこちらをご参照ください。

住所〒653-0812
兵庫県神戸市長田区長田町1-3-1-123 サンドール長田南館1F

診療時間 月・火・水・金・日9:00〜12:00,14:00〜19:00、土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)木曜定休日

MAP

きずなエキテンはこちら⇒

きずなフェィスブックはこちら⇒

きずなLINE@はこちら⇒

きずな事故サイトはこちら⇒

~骨を強くする6つの法則~

2020.12.13

こんにちは、神戸長田のきずな整体整骨院です。

今日は骨を強くする6つの法則についてのお話です。

骨についてリスクを知り、対策することで早期予防や管理が可能になります。

有効な対策を施さないでいると、たとえ平均寿命が延びたとしても、骨折のリスクを抱え、健康寿命が短くなり、自立した生活をおくれなくなるおそれがあります。

「女性の健康において、骨粗鬆症は特に深刻な病気です。多くの女性は、

加齢にともない骨粗鬆症のリスクが上昇することを知らず、予防措置をとっていません」と、米タフツ大学骨代謝研究所のベス ドーソン ヒューズ教授は話します。

骨粗鬆症は、骨吸収(骨が溶ける)と、骨形成(骨を作る)のバランスが崩れることで発症します。

閉経後の女性は、骨形成に対して骨吸収が優勢になり、骨質が低下しやすくなります。

「女性は家族や共同体、地域社会の力の柱です。閉経が近づいているすべての女性は、将来にわたり生活の質と自立した生活を享受するために、骨の健康を維持するために行動を早期に開始するべきです。」と、教授は述べています。

国際骨粗鬆症財団は、骨質を高め、骨折を防ぐために、次のことを勧めています――

*バランスの良い食事*

カルシウムと、カルシウムの吸収を助けるビタミンDを多く含む食品をとることが大切。

カルシウムは乳製品や大豆製品、小魚、緑黄野菜、海草などに多く含まていて毎日の食事で、カルシウム200mg(牛乳1本分)を摂取することを心がけましょう。

*過度のダイエットに注意*

ダイエットをして栄養が不足すると、必要なカルシウムの摂取量も減少すします。若い女性が厳しいダイエットをすると、中年以降に骨量の減少が起こりやすくなります。

日々の必要な栄養素をしっかりと摂ることが大切です。

*骨を強くする運動*

骨を丈夫にするために、食事と同じくらい運動が大切です。

若いころに運動をしなかった人は、年齢が高くなると骨が弱くなり、骨折しやすいことが知られています。

若い頃から、30分の運動を週に3~4回行うことを習慣にすると、骨粗鬆症を予防に繋がります。

有酸素運動に筋力トレーニングを取り入れると、さらに効果的に。

また年齢とともに筋力トレーニングはますます重要になります。

*日光を浴びる*

ビタミンDはカルシウムの吸収を良くする、骨形成に欠かせない成分で、

食事からだけではなく、日光浴により皮膚でもつくられる。

夏なら木陰で30分、冬なら手や顔に1時間程度、日に当たることを心がけましょう。

*喫煙とアルコールに注意*

喫煙と過度のアルコール摂取は、骨粗鬆症のリスクを高める。

体重の少ないやせた女性ほど、アルコールの弊害を受けやすいので注意が必要です。

*検査を定期的に受ける*

閉経後は、医師に骨の健康状態を評価してもらうことが必要となります。

骨折リスク評価(FRAXなど)を依頼し、必要と診断された場合は骨密度検査を受けましょう。

治療が必要と診断された場合は治療を開始する。

現在は多くの種類の骨粗鬆症の治療薬が使用されています。

当院では原因を追究し、その症状や患者様に合った施術を選択していき、改善へと導いていきます。

当院へのアクセスはこちらをご参照ください。

住所〒653-0812
兵庫県神戸市長田区長田町1-3-1-123 サンドール長田南館1F

診療時間 月・火・水・金・日9:00〜12:00,14:00〜19:00、土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)木曜定休日

MAP

きずなエキテンはこちら⇒

きずなフェィスブックはこちら⇒

きずなLINE@はこちら⇒

きずな事故サイトはこちら⇒

関節痛のその原因とは・・・

2020.12.07

今日はこの時期多い関節痛についての話。

寒い時期、朝起きたときや長時間同じ姿勢後、急に歩いた時など、膝や肘、

指などの関節が動きにくかったり、痛みを感じたことはありませんか?

こうしたこわばりや腫れ、痛みがあったら、関節に炎症が起きている可能性があります。

関節痛(関節炎)は、さまざまな原因から起こると考えられています。

代表的なものに、変形性関節症があります。

また最近では、中高年からスポーツを始める人が過度の運動に伴い、関節への負担、

ひいては障害を起こす方が増えています。ただ湿布薬などで自己治療をしていると、

一時的には痛みが軽くなっても、かえって症状を悪化させかねません。

関節にこわばりや腫れ、痛みを感じたら、その原因を知ったうえで、

きちんとした予防や治療を行うことがとても大切です。

年齢を重ねるごとに増えてくる関節痛、

原因でいちばん多いのが関節の老化ともいえる変形性関節症です。

私たちの関節は、軟骨がクッションとなってスムーズに動くように出来ています。

その軟骨が加齢とともにもろくなり、欠けたりすり減ったりして、周囲に炎症を起こします。

当院では原因を追究し、その症状や患者様に合った施術を選択していき、

改善へと導いていきます。

当院へのアクセスはこちらをご参照ください。

住所〒653-0812
兵庫県神戸市長田区長田町1-3-1-123 サンドール長田南館1F

診療時間 月・火・水・金・日9:00〜12:00,14:00〜19:00、土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)木曜定休日

MAP

きずなエキテンはこちら⇒

きずなフェィスブックはこちら⇒

きずなLINE@はこちら⇒

きずな事故サイトはこちら⇒

冷え症対策について

2020.11.27

これから寒い時期が始まりますが、冷え症でお悩みではありませんか?

冷え性は・・・、

普通の人が寒さを感じないくらいの温度でも、全身や手足、下半身など体の一部や全身が冷えてつらい症状とされていて、一般に体温を測って36℃未満の人を「低体温」と呼ぶことがありますが、冷え性は「体温が何度以下」という考え方とはちがいます。

冷え性は女性に多い症状です。個人差はありますが、女性の半数から7割近い方が冷えをつらいと感じています。女性は男性に比べると、熱を作り出す筋肉が少なく、皮膚の表面温度が低く、貧血や低血圧の人が多いことなどがその理由と考えられます。

また、月経の影響などで、腹部の血流が滞りやすいといったことも、女性に冷え性が多い理由として考えられます。

男性の冷え症・・・

冷え性は女性に多い症状と考えられまていますが、男性でも冷え性に悩んでいる人はめずらしくありません。

ある調査では、男性でも約1割の方が冷え性を辛いと感じているようです 。ただ、男性の冷え性の原因としては、運動不足による筋肉の減少やストレス過多、生活習慣病による動脈硬化などが関わっているケースが多くみられます。とくに高齢者では動脈硬化が進み、血行が悪化した結果として冷え性が起こることも多い様です。

わたしたち人間の生命活動を維持する上で大切な働きをしている酵素の働きは37℃で最も高まります。内臓のある体の中心部の温度を37℃に保つために、環境の変化に応じて体温を調節するわけですが、暑いときは四肢末端や皮膚表面近くにある血管を拡張させ、血液の流れる量を増やすことで外気に向けて熱を逃がそうとします。それでも足りなければ、汗を出すことで熱を逃がします。また、逆に寒いときは、四肢末端や皮膚表面などの血管を収縮させて熱の拡散を防ぎ、心臓や肝臓など重要な臓器が集まる体の中心部に血液を集めて、体温を維持しようとします。そのため血液が行き渡りにくくなった手先や足先は、温度が下がるのです。さらに寒いと、体がふるえますが、これは筋肉を動かすことで熱を作り出そうとする反応します。

冷え性は、いわゆる体質的な部分だけでなく、生活習慣のなかで冷えにさらされることの積み重ねが原因になることがあります。

「生活習慣病」という言葉がよく使われるようになっていますが、食事や運動など生活習慣を改善することで疾病の予防や治療に役立つことがようやく認識されてきました。冷え性対策においても、いろいろな角度から日常生活を改善していくことが大切です。

当院では原因を追究し、その症状や患者様に合った施術を選択していき、改善へと導いていきます。

当院へのアクセスはこちらをご参照ください。

住所〒653-0812
兵庫県神戸市長田区長田町1-3-1-123 サンドール長田南館1F

診療時間 月・火・水・金・日9:00〜12:00,14:00〜19:00、土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)木曜定休日

MAP

きずなエキテンはこちら⇒

きずなフェィスブックはこちら⇒

きずなLINE@はこちら⇒

きずな事故サイトはこちら⇒

1 2 3 4 5 6 22

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0786418331

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒653-0812
兵庫県神戸市長田区長田町1-3-1-123 サンドール長田南館1F
診療時間
月・火・水・金・日
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
アクセス
高速長田駅より北へ徒歩5分 長田商店街内1F

0786418331

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

きずな公式LINE
友だち追加
/LINE@限定割引も定期配信中\

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
超音波治療
鍼灸治療
リンパマッサージ
腰の痛み
肩・首の痛み
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
WEB限定メニュー
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー
系列院のご案内

/滝の茶屋商店街にあります\


/月見山駅スグ!\


/六甲本通商店街内にあります!\


/志染駅からスグ!\


/名谷駅の近く\


/深江の住宅街にあります\


/西神南駅の構内!\


/大津和下車で20秒!\


/玉津インター コーナン向かい\


/明石、西新町駅近く!\

きずな整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒653-0812
    兵庫県神戸市長田区長田町1-3-1-123 サンドール長田南館1F

  • 診療時間

    月・火・水・金・日 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

  • アクセス

    高速長田駅より北へ徒歩5分 長田商店街内1F

エキテン口コミランキング1位
pagetop